コワーキングスペース 利用前 に知っておきたい メリット デメリット

コワーキングスペースを利用する際のメリットデメリットとは?

コワーキンググスペースを利用するのは、メリット・デメリットどちらもある

フリーランスの人や企業に属していても好きな場所で仕事をしていい人の場合、自宅ではなくコワーキングスペースを利用する人もいます。
コワーキングスペースを利用するには、メリットがあればもちろんデメリットもあるものです。
メリットについては、初期費用と設備などの維持費がかかりにくいこと。コワーキングスペースでは電源やwifiなどの設備が整っていたり、デスクもイスもあるので仕事をする環境を整えるコストを抑えることができます。
コワーキングスペースのレンタルに関しても、月々1~3万円程度なので新しくオフィスを借りるよりも低価格となります。
顧客との打ち合わせのときには、会議スペースとしても利用可能のため、社外秘の内容も話しやすくなるでしょう。
デメリットについては、コワーキングスペースの中には個室ではなく大きめの部屋に長めのデスクがあって、つい立てで1人分のスペースを区切っているところもあります。
こうなると周囲のちょっとした音も気になったり、仕事内容を他人に見られる可能性もなきにしもあらずです。個室を借りられればいいですが、本当に小さな机とイスしかないような狭い部屋で作業する可能性もあります。
このようにコワーキングスペースの利用には、メリット・デメリットがあることを覚えておきましょう。

コワーキング向けの貸し会議室もある

最近ではコワーキングスペース向けの小さめの貸し会議室やレンタルスペースもあります。
貸し会議室は個室なので、プライバシーも守ることもできますし、静かな環境で仕事ができるでしょう。
例えばレンタルスペース「くーある」のサイトならば、コワーキング向けの狭めな部屋や安価で借りられる会議室の検索ができます。希望のところを見つけたら、そのまま予約も可能です。
初めての人でも予約がしやすいように、とてもシンプルな予約システムとなっていて使いやすいのも魅力でしょう。
こちらでは10人以上の広い部屋の予約ももちろん可能なので、顧客との打ち合わせや企業へのプレゼンのときに会議室を借りたいときにも便利です。
コワーキングスペースで不都合を感じていたり、プライバシーを確保して仕事がしたい。そう思ったときには、個室で仕事も会議も可能な貸し会議室の利用を検討してはいかがでしょうか。
「くーある」ならば、ネット上で会議室の設備の詳細も見ることができますし、料金や事前予約が必要かも調べることができます。
利用を決めたら、必ず詳細を確認して予約しましょう。

部屋の広さと料金を確認しましょう

ワーキングの人が貸し会議室を借りるときには、部屋の広さと料金を必ず確認しましょう。
部屋が狭くて1人向けのところでも、場所によっては料金が高めのところもあります。
自分が仕事をするだけの部屋ならば、1時間500円以下と安めのところを探した方がコストがかかりません。
反対に会議やプレゼンのために借りるならば、安くても狭いと意味がありませんので、広めの部屋であること、また顧客や取引先にとってアクセスが便利なところを探してください。

電源やwifi、その他の備品の使用も確認

コワーキング向けの会議室は、1人向けなどの狭いところが多いものです。
だいたい貸し会議室ならば、部屋の広さに関係なく電源もwifiも使い放題なところが多いですが、中にはwifi環境がないところもあります。
契約前に必ず電源とwifiの使用は可能かと、使用料金も確認してください。
机やイスは使用可能なところがほとんどですが、もしプロジェクターなどを使いたい場合は、料金だけでなく事前予約が必要かまで確認しておきましょう。

貸し会議室を探すのにおススメなポータルサイト「くーある」とは?

貸し会議室を探しているならレンタルスペースポータルサイト「くーある」がおススメです。

駅名や沿線で検索することができる上に、ご利用用途から検索することもできます。
中には、コワーキングスペースを借りるのとほぼ同じ価格(ワンコイン)で借りることができるレンタルスペースもあります。

予算に見合った会場を探すならくーあるがおすすめです。

レンタルスペースを簡単予約出来る【くーある】はこちら