レンタルスペースを運営しませんか?メリットとおすすめ登録サイト

レンタルスペースは誰でも自由に活用できる空きスペースのことで、始めやすい個人起業ビジネスとして注目を集めています。レンタルスペースを運営する際のメリットとオススメの登録サイトをご紹介します。

レンタルスペース運営のメリット

余ったスペースを有効活用できるレンタルスペースの需要が増えています。コロナ禍ということもあり、テレワーク需要などもあります。スペースを時間単位で貸し出しできるので自分が動かなくても利益を上げることができます。

場所を有効活用できる

使わなくなった、あるいは余っている部屋があるなど、空きスペースを有効活用して収益を得ることができます。

人件費が削減できる

レンタルスペースは、場所を提供し、第三者に自由に使ってもらいます。利用する際の問い合わせは、メールか電話に限定している場合がほとんどですので、その場に人を配置しない無人スタイルが成り立っています。

このような環境なため、物件毎に人を配置する必要がありません。複数のレンタルスペースを同時運営している所も数多く存在しています。

不労所得に近いビジネス

レンタルスペースは、第三者がスペースを使うことによって売上につながっています。運営自体、自動化や効率化がしやすいので、自分が動かなくても売上を出しやすいビジネスです。

経費があまりかからない

レンタルスペースを運営する上で必ずかかるものは物件の家賃です。これが大半を占めます。他は光熱費、消耗品程度です。家賃以外にかかるものがほとんどないのが特徴です。

開業時の初期費用が少ない

レンタルスペースを開業する際は内装、物件の契約品、備品代等の初期費用が発生しますが、小さいスペースであれば50万円ほどで開業することが可能です。

初期費用が高額になると、その分回収するまでの期間がかかってしまいます。しかし、レンタルスペース経営であれば1~2年で初期費用の回収が可能な場合がほとんどです。

レンタルスペース運営に関してのQ &A

レンタルスペースを運営してみませんか?
貸し会場として利用できます。
人件費はどれくらいかかりますか?

飲食店などと違い、自分一人で運営することができます。

そもそもレンタルスペース運営って何ですか?

時間単位でスペースを貸し出すことです。

レンタルスペースのリスクはありますか?

物件を購入するわけではありませんので、賃貸物件でレンタルスペースを運営する、というイメージです。
物件にもよりけりですが、家賃が安いものであれば30~50万円程度の初期費用で開業することが可能です。

どうやって開業するのですか?

特別な資格は必要ありません。一般的に開業を行う時と同様、開業手続きをすれば大丈夫です。 開業手続きには、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書(いわゆる開業届)」「所得税の青色申告承認申請書」の2つの書類を提出します。

レンタルスペースは初期費用の予算も少なく、開業届けを出せば誰でも始められるビジネスです。

あらかじめ椅子や机、Wifi環境などが整っていれば、すぐにでもスペース貸しが可能です。

おすすめの登録ポータルサイト

ポータルサイトとは、レンタルスペースを事業化したあとの運用や集客、予約受付の対応をしてくれるシステムです。

レンタルスペース事業の集客や予約受付におすすめのポータルサイトをご紹介します。

くーある

全国対応可能な無料ポータルサイトです。スペースを貸したい人、借りたい人をマッチングし利用管理や決済などを一括で代行を行ってくれます。完全報酬型ですので初期費用、掲載料、月額利用料がかかりません。また掲載から集客、運用までトータル的なサポートを行っております。

まとめ

レンタルスペース運営は、初期投資やランニングコストも抑えることができるので、簡単に運営を始めることが出来きます。

レンタルスペースポータルサイトくーあるは、頑張るあなたを応援します。

この記事を書いた人

くーある編集部 sam

くーある編集部 sam
レンタルスペースを誰でもかんたんに検索・予約できるポータルサイト「くーある」を運営しています。
・レンタルスペースを貸切して活用するためのお役立ち情報
・レンタルスペースを掲載して売り上げを上げるためのお役立ち情報
を発信しています。