レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いとは?

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いとは?

レンタルオフィスとコワーキングスペースはココが違う

コワーキングスペースで仕事をしていると、もっと静かなところで仕事をしたい・プライバシーを確保したい。
そう思って、レンタルオフィスの利用を検討する人も多いです。
そもそもレンタルオフィスとコワーキングスペースの違いが何かというと、それぞれ特徴が全く変わります。

レンタルオフィスとは?コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは

まずコワーキングスペースですが、広めのフリースペースに長めのデスクがおいてあって、デスクには一人分ずつ仕切りがあってそこに座って仕事をする形が多いです。
料金が月額1万円程度からと安価ですが、他の人とスペースを共有している分、ちょっとした音が気になったりする人も多く見られます。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスは、その名の通り「オフィスを借りる」ものです。
レンタルオフィスを借りれば、専用の電話番号も借りることもできますし、電話応対や事務処理スタッフなども配備しています。
一から自分でオフィスを探して借りて、初期設備の費用を払って、スタッフ探しもして人件費もかかって…という手間暇を省きコストもかからない。このようなメリットがあります。
サービス面が充実している分、コストはコワーキングスペースよりもかかってしまうのがデメリットでしょう。個室を選択すると月額5万円以上かかるので、コワーキングスペースよりもコストが高いです。
コワーキングスペースは安いけれどプライバシーがいまいち。レンタルオフィスはサービスが充実しているけれどコストがかかるということです。

貸し会議室やレンタルスペースはレンタルオフィス代わりにいい

プライバシーを確保したい、でもコストはかけたくない。
そう思っているならば、わざわざレンタルオフィスを利用しなくても、貸し会議室やレンタルスペースでいいのではないでしょうか。
貸し会議室もレンタルスペースも、個室ですから仕事をするのに十分な環境です。電源や無料wifiのほか、ホワイトボードや大型スクリーンなども利用できます。
一人で作業をしたいときも、顧客にプレゼンしたいときにも、ニーズに合わせて場所を変えたり部屋の広さも選ぶことができるメリットがあります。
お値段もコワーキングスペースとして使うならば、1人用の狭めの部屋が1時間500円程度で借りることもできたり、コストを抑えながら個室を利用したい人にも便利です。
自宅近くや顧客との打ち合わせに最適な貸し会議室やレンタルスペースの検索は「くーある」で探すことができます。場所や目的を入力すれば簡単に検索でき、そのまま予約も可能です。
個室で仕事をしたいとき、プレゼンなどで利用したいときなど、その時に合わせて場所を変えられる、貸し会議室・レンタルスペースはとても便利と言えます。そのときの目的に合わせて選ぶといいでしょう。

貸し会議室はコワーキングスペースとして利用できる

小さめの貸し会議室は、コワーキングスペースとして利用するのにいいでしょう。1人用など小さい貸し会議室は、料金も1時間100~500円程度と安めのところも多いです。
自分が仕事をする作業場がほしいならば、小さい貸し会議室で十分と言えます。

レンタルスペースは会議や会食に便利

レンタルスペースは「多目的」に使える部屋です。
部屋自体も広いところが多いので、こちらは顧客や取引先の人数が複数の場合に使うといいでしょう。
電源やwifiも使えるところも多く、プロジェクターやスクリーンが使用可能なところもあります。
目的に合わせて必要な設備があるところを選ぶと良いでしょう。
また、場所によってはケータリングサービスと提携しているところもあります。
仕事仲間や取引先と会食するときに、利用する方も多いです。わざわざお店を予約して料理を選んで…という手間を省きたいならば、レンタルスペースでケータリングを利用して会食するのもいいでしょう。

レンタルスペースを利用するなら「くーある」がおススメ

レンタルスペースポータルサイト「くーある」では、1時間ワンコインで借りることができる格安レンタルスペースの検索や、少人数でご利用いただけるレンタルスペース等、特徴で検索することができるので大変便利です。

また、駅名や路線で検索もできますし、会議やセミナーなど、ご利用用途で検索することもできます。

一度使ってみるのがおススメです。

貸し会議室検索サイト「くーある」はこちら