テレワークで仕事をするために必要なことと、サテライトオフィスの活用について

テレワークで会社ではない場所で仕事をするとき、最初に重要なことはテレワーク場所を選ぶこと

現在、場所にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークが推奨されています。
会社以外での場所を選ぶとき、大きく分けてこの3か所があります。

    • 自宅
    • カフェ
    • 貸し会議室やレンタルスペースなど会社以外の自分専用で使えるスペース

自宅勤務のメリットとデメリット

在宅勤務
自宅勤務だと通勤が必要なく、朝ゆっくり過ごすことができます。
通勤に1時間かかる場合、1日2時間、週に10時間も短縮できます。満員電車もありません。
しかし、自宅内で仕事スペースの確保が必要であったり、仕事への気持ちの切り替え、何より家族の理解が必要になります。
朝の始業時間は変わらないのに、つい仕事が長くなってしまうことも。

実際に在宅勤務をした方からは、「満員電車がないのは嬉しいけれど、気持ちの切り替えが難しい」「同僚から話しかけられることがなくて仕事が進むが、これまで気軽にできた確認や相談がしにくい」「扉を閉めていても掃除機など生活音がして、自分も家族も気を使ってしまう」「自分も妻も在宅なので、電話の声やビデオ通話の時に映ってしまい、会社とは違う苦労がある」「椅子やテーブルが仕事に合わず肩こりがひどくなった」などといった声がありました。

カフェでのメリット・デメリット

テレワークでカフェを使うおしゃれな雰囲気で心地よい音楽が流れていると、パソコンでの作業ははかどりますね。
昼食や仕事合間の息抜きも、すぐに好きなものを注文でき、美味しいコーヒーがいつでも飲むこともできます。
共働きの場合、一方が自宅で仕事をして、もう一方がカフェに行くこともあります。
快適である一方、「電話をする度に離席しなければならない」、「会社からは自宅待機と言われているのに外に出て他の人がいる場所に来ている」、「カフェで電源を使って長居するのが気が引けてしまう」といった悩みもあります。

貸し会議室を使って自分専用の場所を持つ事の想像以上のメリット・デメリット

テレワークで貸し会議室を使う貸し会議室の多くは駅から近くにあり、会社よりも自宅から通いやすい駅に貸し会議室があれば満員電車を避けてアクセスできます。
ケトルや電子レンジがある貸し会議室を使えば、外に出ることなくコーヒーを入れたり温かい食事をとることも可能です。

ウェブ会議や突然の電話があっても、場所をかえることなく集中してスムーズに仕事が進められます。
自宅やカフェでの作業は自分で時間管理をしなければいけませんが、時間貸しの貸し会議室だと終わりの時間が決まっているので
サービス残業することもないのではないでしょうか。
もう少し仕事を進めたい場合には、貸し会議室の空き状況を確認し延長することもできますね。

時間貸しや一日貸しの貸し会議室を使うには、レンタル料金がかかります。
しかし、くーあるでは少人数やお一人様で使いやすい料金の貸し会議室が数多くあります。
「集中して仕事を進めたい」「業務上プライバシーが確保された環境で仕事をしたい」「仕事とプライベートの時間を切り替えたい」そういった時には、気軽に時間貸しで自分専用に使える貸し会議室を使ってみてはいかがでしょうか?

サテライトオフィスとして貸し会議室を使いませんか?

サテライトオフィス多様な働き方が考えられる現在、貸し会議室は一人での利用、もしくは少数の同僚とソーシャルディスタンスを意識して距離をとりつつ、今すぐにサテライトオフィスとして使えるスペースです。

サテライトオフィスを使うメリット

サテライトオフィスを使う事で、在宅勤務とは異なり、プライベートから切り離された環境で業務ができます。
移動はありますが、満員電車での通勤や車で通勤するどちらの方でも、自宅の近くでサテライトオフィスを利用する事ができれば、会社に通うより移動時間や移動距離を短縮し、通勤にかかるコストを節約できます。例えば、営業の方は遠方に行く場合、遠方にある営業先の近くにある貸し会議室を使う事で、移動にかかるコスト削減・移動時間短縮が可能になるのではないでしょうか。

貸し会議室にはオフィスに必要なWi-fi、ホワイトボード、大きなテーブル、座り心地にこだわった椅子等揃えているところも多くあり、オフィス器具を用意することなく予約をするだけで仕事場所を押さえることができるのです。

サテライトオフィスのデメリット

サテライトオフィスで心配な事として、他部署とのコミュニケーションや情報共有不足、セキュリティが挙げられます。
しかし、Wi-fiや大型モニターを用意している貸し会議室が多く、ウェブ会議等で簡単にコミュニケーションが可能です。
個室の貸し会議室であれば、かりている時間は鍵をかけたり、不特定多数の出入りではないので安心ですね。

育児や介護など限られた時間で仕事をする方は、在宅勤務や会社への出勤と合わせてサテライトオフィスを使用することで、その時々の状況に合わせて柔軟な働き方ができるようになります。

会社でしかできない業務がある時は出勤し、場所にしばられずに業務ができるときはサテライトオフィスを使用するなど勤務場所を使い分けることによって、より効率よく生産性の向上が見込めるのではないでしょうか。

くーあるのテレワークで利用できるスペースの中には、サテライトオフィスとしてお使いいただける貸し会議室が多くあります。
テレワークで利用できるレンタルスペースまとめから、自分に合ったテレワーク場所を探してみてくださいね。