レンタルスペースでダブルブッキングを防ぐ方法

レンタルスペースを運営が慣れてくると、複数の媒体で宣伝する事が多くなってくると思います。
そうなるとついてくるのが、「ダブルブッキング」の問題です。
特に、貸し会議室、セミナー会場、イベント会場、パーティースペース、スタジオ、レンタルギャラリーなど、時間貸しのレンタルスペースに多くは貸し出す回数も多く、常にダブルブッキングのリスクが付きまといます。

 

発生すると結構恐ろしい。レンタルスペースでのダブルブッキング

ダブルブッキングとは、同じ時間に複数のお客様の予約を入れてしまうことです。
当然、どちらか一方がレンタルスペースをご利用いただけない事になります。

ダブルブッキングのリスクの例

信用を落とす

ダブルブッキングで恐ろしいのは「信用」を落とす事です。また、インターネットでレビューを書かれると一生情報が残ってしまい、売上に大きく影響する場合がございます。

損害賠償を請求される

レンタルスペースを予約した人がセミナーやイベントなどの商用利用だった場合、損害賠償を要求される場合があります。人数×売上、交通費、代替スペースの利用料など、金額が高額になる場合もあります。

 

レンタルスペースでダブルブッキングを防ぐために最適な方法「Googleカレンダー連携」

Googleカレンダー連携を使うことで、予約管理を一つのカレンダーで集約して行うことが可能になり、ダブルブッキングを防ぐ事が出来ます。
また、複数のカレンダーを別々に管理していると、予約が入ってから空き時間を確認し許可する必要がありますが、Googleカレンダー連携していると全ての空き時間が同期されているため、「即時予約」が可能になります。
利用者は即時予約出来ないスペースを嫌う傾向にありますので、即時予約すると予約件数のアップになります。

Googleカレンダーの連携方法はこちら